禁煙外来治療にザイバンと有用な成分ブプロピオン

禁煙外来治療に多く用いられる薬のひとつに、ニコチンをおさえるのに有効な成分ブプロピオンが配合されているザイバンが挙げられます。古来より抗うつ剤として用いられてきた歴史のある薬ですが、海外での評価が高く、国内でも輸入して服用・使用、脱タバコの高い成果をあげています。ザイバンとは、他の禁煙外来治療と違ってニコチンを使わない禁煙補助薬であるため、そのこと自体でも評価が高いです。
そもそも、なぜタバコを吸うことでイライラが解消されたり、おいしいと感じたりするのでしょうか。それは、タバコを吸うことによってニコチンを体内に摂取し、そのニコチンが脳にあるニコチン受容体に結合して快感・イライラを解消する元であるドーパミンを発生させるメカニズムが要因となっています。また、ドーパミンが発生した際に「おいしい」と脳が感じるようにもなっています。
ザイバンに含まれる成分・ブプロピオンとは、脳にあるニコチン受容体への結合を阻害する働きがあります。つまり、タバコを吸ってもイライラが収まらなかったり、おいしいと感じなくなってしまうのです。つまり、タバコを吸ってもメリットがない、と実感させて徐々に「吸いたい」という気持ちを減らしていくのがブプロピオンを含むザイバンを用いた禁煙外来治療の狙いです。
禁煙効果が高く素晴らしいザイバンですが、使用にはいくつかの注意点があります。まず、頭痛や吐き気、めまいや手足の痺れと言った副作用の症状が出た場合は、必ず医師・病院に連絡し、相談してください。また、原則12週間続けて使用し続けることではじめて禁煙治療の効果が出ます。4〜5週間で効果が出たり、逆に効果が薄く諦めたりして、途中でやめないようにしてください。