海外での製薬から認可までの速度

日本の薬品に対する認可速度は外国に比べて遅い傾向にあります。
特に、海外で製薬されたものについては、認可までの期間に大きな差があります。
例えば、アメリカでは製薬から認可までの期間が1年程度で国内で使用することができますが、日本の場合は約5年もかかってしまうのです。
この期間の差によって、海外では承認されている薬が日本では未承認であるために使用することができない薬の承認格差、いわゆる「ドラッグ・ラグ」を生み出す原因となっています。
ドラッグ・ラグの問題は、国内では症例が少ない病気の薬に対してだけではなく、がんなどの、多数の患者がいる病気の薬においても問題となっています。
この問題の大きな原因は日本の新薬の承認審査を行う機関の規模が大きくないという点にあります。
厚生労働省などでは、承認を経ないで一部の抗がん剤を使用することを許可するなどの動きも見られてきています。
今後このような動きの拡大が望まれています。
こういった承認格差の問題は医薬品に限らず医療機器の現場にも存在しています。
医療機器の分野においても欧米の承認から10年以上たってもいまだに未承認のままの治療器具が存在するなど、こちらも大きな問題となっています。
国内の患者が最適な治療を受けるためにも、こういった格差の問題は早い解決が望まれています。