禁煙補助薬ザイバンの薬理作用の内容

煙草に含まれているニコチンは、神経伝達物質のアセチルコリンと良く似た分子構造であり、脳内のアセチルコリン受容体と結合することが可能です。これにより、不安を抑制する作用があるセロトニンや快楽物質のドーパミンの分泌を誘導します。このために、煙草を吸うと非常にゆったりとリラックスしたハッピーな気分となります。

しかし、ニコチンが体外へと排出されてアセチルコリン受容体が空っぽになるに従い、不快物質のノルアドレナリンが分泌されるようになります。このために、ニコチンを補給せずにはいられなくなるので、煙草を再び吸うことになります。これが、ニコチンの薬理作用の具体的な内容で、煙草が嗜好品ではなく依存性薬物であると認識されている理由です。

しかも、煙草の煙には一酸化炭素やタールなどの生死にかかわる病気の原因物質が含まれています。このために、依存症を乗り越えてでも禁煙しなくてはなりません。現在では、禁煙を成功するための補助薬も開発されており、それほど苦しむことなく成功することが可能となっています。ザイバンも、その中の一つです。

ザイバンは、快楽物質のドーパミンと不快物質のノルアドレナリンの吸収を阻害するという薬理作用の禁煙補助薬です。ザイバンのこのような薬理作用が発揮されるので、煙草を吸っても気持ち良くならず我慢しても辛くなることはありません。リラックスできない上に止めても苦しくないということで、禁煙に成功するという結果へとつながります。

ザイバンは、元々は抗うつ剤として使用されていたもので、効果が確認されたことにより禁煙補助薬として利用されるようになったという経緯をたどっています。日本では未承認ですが、海外では禁煙治療薬としてポピュラーな存在です。